• HOME
  • 過払い請求の可能性

過払い請求の可能性

住宅ローンを支払えなくなる方は、これまで借りた、住宅ローン以外の借金が重くのしかかっているわけですが、その借金がそもそも返す必要のない借金であることに気付かない方が多いのです。いわゆる利息制限法を超えた利息を返済しており、払い過ぎて借金、過払い金です。

過払い金が発生しているのかどうかを正確に知るためには、貸金業者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法に沿った引き直し計算を行う必要があります。

利息の貸付に関して、貸付金額ごとに利息制限法で

・元本が10万円未満の場合 - 年20%

・元本が10万円以上100万円未満の場合 - 年18%

・元本が100万円以上の場合 - 年15%

という上限が決められています。

この上限を超える利息の契約は、超えた部分については、無効になり、金融機関は債務者に返金しなければならないという最高裁判所の判決が出ております。ですから、過払い金の返還を求めるのは、債務者の法律的な権利なのです。

さて、人によってそれぞれ異なりますが、一般的なケースとして、

・消費者金融業者との間で、長期間にわたり、利息制限法以上の利息を払い続けている場合

・クレジットカード等の信販会社で、長期間にわたり、キャッシングで利息制限法以上の利息を払い続けている場合

などは過払いになるケースが多いです。

また、利息制限法の上限利率を超えた支払いで、既に完済した、という方にも過払い金が発生している可能性が高いです。そして、現在債務の返済途中という方であっても、利息制限法の上限利率を超えた取引が5年以上続いていれば、過払い金が発生している可能性があります。

過払い金が発生しているかどうかという基準は絶対的なものではなく、あくまでも可能性です。例え、同じ条件の取引があったとしても、取引履歴によって全く違う結果になる可能性もあります。

少しでも過払いの可能性があるという思われる方は、一度ご相談ください。


その他トピックに関連するトピックはこちら

個人再生後の返済について

個人再生事例

過払い請求の可能性

自己破産について

競売と任意売却について

個人再生Q&A



zyutakubanner.png


事務所に関する詳しい情報はこちら

zyosei.JPG

料金表

事務所紹介

スタッフ紹介

アクセス

無料相談会

HOME


相談バナー.png   

〒540-6591
大阪市中央区
大手前1丁目7番31号
OMMビル15階


cred00010004.jpgbunner010002.jpg
e-jutakusoudan_banner.gifblog.pngblog_souzoku.gif