個人再生のメリットとデメリット

ここでは、個人再生のメリットとデメリットをご説明いたします。どうぞ、以下をご確認ください。

 

 

個人再生のメリット

1.大切な資産を残すことができます。

住宅ローン特則を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます。自己破産と違って、マイホームなど生活に必要な資産を残すことができます。住宅ローンがある人などは、そのまま家を残してローンを払い続けることができます。

また自家用車等の一定額以上の財産については、自己破産の場合は原則処分しなければなりませんが、個人再生の場合、原則そのまま手元に残すことができます。


2.業者からの取立行為がなくなります。

司法書士に依頼した場合、その時点で貸金業者の取立行為が規制されます。


3.返済する必要がなくなります。

司法書士に依頼した場合、依頼時から民事再生の認可を受けるまで債務を返済する必要がなくなります。但し、多くの裁判所では、返済能力の確認として申し立て後に毎月一定額の積み立てを申立人に対し求める運用になっています。また、個人で直接再生手続行う場合には申立てまでは、返済する必要がなくなりませんので注意が必要です。


4.借金を大幅に減額することができます。

利息制限法による引き直し計算により残元本の減額が行われます。利息制限法による引き直し計算により減額された元本を更に5分の1に減額します。但し、元本の5分の1が100万円より少ない場合は100万円までしか減額されません。


5.過払い金の返還も場合によっては可能です。

残元本以上の返済をしている場合は、過払い金の返還を求めることが可能です。


6.自己破産のような、職業制限や資格制限がありません。

 

 

個人再生のデメリット

1.信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に登録されます。

但し、銀行のキャッシュカードは作れますし、金融機関からの振込み、引き落とし等は通常通り行うことができます。官報にも掲載されます。

 

2.対象者に条件があります。

民事再生手続きを進めるには一定の条件を満たす必要があります。例えば定期収入があること、定期収入を得られる状態にあること、予納金を納められることなど、様々な条件が必要となります。

 

手続き メリット
デメリット
任意整理
・整理後は元来のみの支払いでOK
・法律で決められた金利で再計算するので、債務額が少なくなる可能性がある
・裁判所を利用しない
・信用情報機関に載ってしまうので、5~7年間新たな借入れが出来ない
過払い金請求
・お金が戻ってくる
・信用情報機関に載ってしまう可能性がある
自己破産
・借金が全部なくなる
・財産を処分されてしまう
・資格制限(※1)がある
・裁判所に提出する書類の収集が大変
・信用情報機関に載ってしまうので、5~7年間新たな借入れが出来ない
民事再生
・住宅を手放さなくてよい
・債務額の最大80%カット(つまり、支払うのは20%)
・資格制限(※1)がない
・裁判所に提出する書類の収集が大変
・信用情報機関に載ってしまうので、5~7年間新たな借入れが出来ない
特定調停
・自分で申立てるので費用が安くすむ
・裁判所に何度か行かないといけない
・過払金の回収は別に申立てなければならない
・再計算後の元金の減額は見込めない
・調停が成立しないことがある
・調停が成立すれば債務名義(※2)となり、支払いが遅れるとすぐ強制執行(給与の差押さえなど

個人再生の基礎知識に関連するトピックはこちら

個人再生とは

個人再生のメリット・デメリット

個人再生こんな人にお勧め

個人再生の返済額と返済方法


zyutakubanner.png


事務所に関する詳しい情報はこちら

zyosei.JPG

料金表

事務所紹介

スタッフ紹介

アクセス

無料相談会

HOME